トピックス・お知らせ

お椀型多面体マイクロ単結晶の均一かつ精密な成長制御に成功08/05 12:13
ビスマスや雪の結晶などに見られる、骸晶(がいしょう)と呼ばれる凹多面体型の結晶は、形状やサイズの制御が難しく、その精密な構造制御は結晶成長分野における課題の一つです。山本教授、山岸助教らは、キラルな構造をもつ有機分子の結晶化プロセスを...
駒場京花D2が第71回高分子学会年次大会でポスター賞を受賞07/02 22:34
理工情報生命学術院 数理物質科学研究群 応用理工学学位プログラム 物性・分子工学サブプログラムの駒場京花(こまば きょうか, 博士後期課程2年)大学院生は,液晶性や発光性をあわせもつ新しい置換型ポリアセチレンに関する研究が評価され,高...
CO2水素化によるメタノール合成の反応過程を解明07/01 15:22
二酸化炭素(CO2)の排出量は世界で増加し続けており、これを再利用する手段として注目されているのがCO2の水素化によるメタノール合成です。メタノールは今後、エネルギー媒体として、再生可能エネルギーを用いた社会において重要な役割を担うと...
有機溶媒中で導電性高分子ポリアニリンを容易に合成する方...06/15 13:51
ポリアニリンは、低コストで電気伝導性が高く、水中で合成できることから、多方面で研究・応用が行われている導電性ポリマーの一つです。しかし、有機溶媒に溶けにくいために他のプラスチックと 複合化することが難しく、また、熱溶融性がなく加工性が...
反応場をらせん構造にした光学活性ポリマー合成法を開発06/08 14:00
ポリマーの材料であるモノマー自体に光学活性を持たせ、これを通常の液晶に添加することにより、液晶全体をらせん構造に変えました。ここで重合反応を行い、大きな光学回転を持つポリマーを形成しました。 得られたポリマーは電気的に光学回転を制御す...

応用理工学学位プログラム共通事務室
〒305-8573 つくば市天王台1-1-1 工学系F棟5階500号室
Tel: 029-853-4996

copyright 2020   筑波大学大学院 理工情報生命学術院 数理物質科学研究群 応用理工学学位プログラム 物性・分子工学サブプログラム   All Rights Reserved.